Football Times - サッカー海外の反応 -

コアな話題からホットな話題まで、海外サッカーファンのコメントなどを海外の反応としてお伝えします。 リンクフリー、相互RSSは常時受け付け中です。

    コメント(12)


    italy sweden
     2018 FIFAワールドカップ ロシア・欧州予選プレーオフのセカンドレグが14日に行われ、イタリア代表とスウェーデン代表が対戦した。

     10日に行なわれたファーストレグは、1-0でホームのスウェーデンが先勝した。15大会連続19回目のW杯出場を目指すイタリアは、2点差以上での勝利が必須となる。そのイタリアはマルコ・ヴェッラッティが出場停止。中盤にはジョルジーニョが抜擢された。

     まずは27分、チーロ・インモービレの折り返しから、最後はアントニオ・カンドレーヴァが強烈なシュート。続く39分には、ジョルジーニョのスルーパスにインモービレが反応する。しかし、この決定機はアンドレアス・グランクヴィストに間一髪クリアされた。イタリアが11本ものシュートを放ったが、前半はスコアレスで折り返す。

     後半に入り53分、マッテオ・ダルミアンのクロスにアレッサンドロ・フロレンツィがボレーで合わせるが、惜しくも枠を外れた。63分には2枚替え。ダルミアンとマノロ・ガッビアディーニを下げ、ステファン・エル・シャーラウィとアンドレア・ベロッティを投入。攻撃の活性化を図る。試合終盤はイタリアが猛攻を仕掛けるも、最後までスウェーデンの集中した守備を崩すことができず、試合は0-0で終了。

     この結果、2戦合計1-0でスウェーデンがプレーオフを制した。W杯で4度の優勝を誇るイタリアの予選敗退は、1958年のスウェーデン大会以来、60年ぶり。一方のスウェーデンは3大会ぶり12回目のW杯出場を勝ち取った。

    【スコア】
    イタリア代表 0-0(2戦合計0-1) スウェーデン代表



    関連記事:イタリアがスウェーデンに敗北、ワールドカップ出場に暗雲


    【【海外の反応】スウェーデンと引き分け、イタリアが60年ぶりにワールドカップ出場を逃す】の続きを読む

    コメント(5)


    gareth bale

     レアル・マドリーはウェールズ代表FWガレス・ベイルを手放すことを考えているかもしれない。英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

     同紙によると、マドリーはベイルを9600万ユーロ(約124億8000万円)で売却を検討していると伝えている。ベイル放出を考えている理由としてスペイン紙『El Confidencial』は度重なる怪我を挙げている。レアル加入後ベイルは足首や太ももの怪我などでこれまで何度も離脱を繰り返しており、今季もふくらはぎの怪我でこれまでリーグ戦わずか5試合の出場に留まっている

     なお移籍先の候補としてプレミアリーグが挙がっている。古巣のトッテナムが興味を示しているほか、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーが獲得を狙っている模様だ。

     近年マドリーの攻撃陣を支えてきたBBCトリオ(カリム・ベンゼマ、ガレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウド)もひょっとしたら今季限りで見納めになるかもしれない。

    【【海外の反応】レアル・マドリード、ケガ続きのガレス・ベイルを売却へ?】の続きを読む

    コメント(18)


    ventura

    イタリア、完封負けでW杯出場に暗雲…次戦はヴェラッティが出場停止

     2018 FIFAワールドカップ ロシア・欧州予選プレーオフのファーストレグが10日に行われ、スウェーデン代表とイタリア代表が対戦した。

     序盤から互いに攻守でアグレッシブなプレーが続く中、28分にマルコ・ヴェッラッティが警告を受ける。ヴェラッティは累積2枚目となり、セカンドレグが出場停止となった。前半はホームのスウェーデンが押し込むも、得点は生まれずスコアレスで折り返す。

     後半に入り61分、ロングスローの流れから途中出場ヤコブ・ヨハンソンのシュートが決まり、ホームのスウェーデンが先制する。追いかけるイタリアはエデル、ロレンツォ・インシーニェと前線の選手を投入するが、最後までゴールネットを揺らすことができず。

     試合は1-0で終了。スウェーデンが3大会ぶりのワールドカップ出場に一歩前進した。セカンドレグは14日にイタリアのホームで開催される。

    【スコア】
    スウェーデン代表 1-0 イタリア代表

    【得点者】
    1-0 61分 ヤコブ・ヨハンソン(スウェーデン)


    【【海外の反応】イタリアがスウェーデンに敗北、ワールドカップ出場に暗雲】の続きを読む

    コメント(2)


    mourinho

    マンチェスター・ユナイテッドのモウリーニョ監督が同クラブの取締役会より、1月の移籍市場を前に選手の売却を命じられたようです。

    モウリーニョ監督は過去2年間で285M英ポンド(約424億円)を選手の移籍に費やしており、新たな契約による多額の支出を認める前にマンチェスター・ユナイテッド取締役会は人件費の削減を求めました。

    人件費削減のための移籍候補の筆頭としては2014年に27M英ポンド(約40億円)でサウサンプトンからユナイテッドへと移籍してきたルーク・ショーが挙げられており、またフェライーニとの契約も来年夏に失効するため、自由契約での退団となる見通しとの報道がされました。

    以下この報道に対する海外の反応です。


    【【海外の反応】モウリーニョ監督、ユナイテッド取締役会から人件費の削減を求められる】の続きを読む

    このページのトップヘ